» 引越しのブログ記事

引越しは、風水的に配慮をして、日当たりが良く方角にも気を配りたいものです。

引越しの時期としては、新年度の準備で慌しくなる3~4月は引越しの業界も繁忙期と呼び、引越し代金も一年を通じて割高になります。

では、引越し代金が通常の価格になって繁忙期に比較すると格安の設定になっているのがオフシーズンと言われるものです。

オフシーズンとは引越しの少ない夏~秋ですが業者により様々ですのでネットなどで調べると良いでしょう。

古くから物事の吉凶を判断する六曜と呼ばれている風水というものがあり日柄を気にしない方は仏滅を狙うのも良いでしょう。

昔の人は、何事をするにも日柄を選んで引越しも大安吉日と言って、その日に行動をしていて会社や学校などが休みで業者が忙しい土日祭日を避けて平日に引っ越すのが狙い目です。

風水とは、古い中国の思想で住居や建物などの位置や方位を、気の流れなどで吉凶を判断する考え方です。

転居する前にしっかり確認したいのが住まいの方角と日当たり状態で、日当たりは日本人が住居を選ぶ際に重要視してきたポイントですが、何と言っても南向きの間取りが好んで選ばれました。

京都市内 引越し 相場より安くするには?

そのポイントは、気候を重視し隙間の多い木造家屋では冬の日差しほどありがたいものはありませんでした。

近年のマンションなど立地上や構造上から、あえて北向きの間取りにして価格を抑えたものが登場してきています。

それは住居の構造や性能が向上し高断熱・高気密の家が出来て、どの部屋にも日差しが入る様になってきました。

一般的に部屋を割り振りする時に一番日当たり条件の良い部屋を子供部屋などにする動きが昔はありました。

昔は居住空間が絶対に南向きでという基準でしたが方角を気にすることも無くなってきています。

風水的に、「北東」と「南西」は共に“土の方位”で北東は背の高いものと相性が良く南西は背の低い物と相性が良い方位です。

「東」と「南東」は、“木の方位”で緑全般に影響を与え木の気を持つものと相性がよい方位です。

「南」は、“火の方位”で火を燃やす木の気を持つインテリアを取り入れると良いでしょう。

「西」は、“金の方位”で金運に影響しますので黄色をインテリアに取り入れると金運が上昇します。

「北西」も、“金の方位”で仕事運から金運に影響しますので白色、銀色などのインテリアが良いでしょう。

初めての小さなアパートに引っ越してしばらくして慣れた頃、何回か知らない人が家を訪ねてやってきました。

よくある新聞屋さんの話。
ピンポーンとチャイムを鳴らしてドアを開けたら、ラフな感じのお兄さんがそこに立っていました。
「こんにちは!いました少し時間いいですか?僕のお話聞いてきください」
私はいいですよ〜と話を聞く事に。
「僕実は新聞屋さんでして〜から始まり、出身地の話をしたりなんだりで最後に今日あと一件契約取れないと帰れないんです!どうか僕を助けてください!」
と劇団員ばりのトーン、テンション、迫力でドンドン迫って来るお兄さん。
私は新聞取る気がなかったので断り続けたのですが、いつまでたっても帰らず。私は負けて取る事にしました。
それから数日後、浄水器のセールスマンが訪問
作業服を着ていたので、私はセールスマンだと思わず市の職員だと思い家に上げてしまい、そのまま浄水器を設置。そして高額のローンをけいやくさせられました。

こんな感じて最初の引越し先でいろんなセールスマンに会ったことでドアを開ける事に危機感を持つようになり、居留守が得意になってしまいました。都会では知らない人が良く家を訪ねてくるので、きちんと確認して、知ってる人のみ出るようにしようと心がるようになりました。大人への一歩ですね。

ワンルーム1

学生時代に初めて上京し、引っ越しをしました。
実家からの引っ越しだったのでそんなに荷物もなく引っ越し先で色々と揃えることにしていたので服とお金だけ持って行きました。
その後就職し何回か引っ越しを経験しました。何年も一人暮らしをしているとどんどん物が増えていき、引っ越しがとても大変になってきました。初めは宅配だけで済んでいた荷物もどんどん大きな家具が増えてきていたので一人じゃ無理だなと思い始めていました。

引越しが決まったらチェックを→都内での単身引越しのおすすめの業者
ある時関東から関西への引っ越しをしたのですが、さすがに荷物も多くて業者にお願いしようとネットで検索したら…一人なのにどこもすっごく高い。驚きました。この時初めて距離も関係しているんだと気づきました…。色々検索したところ、某配達会社が一番安かったのでそこにお願いしました。ちゃんと段ボールもついていてとても親切でした。
荷造りも一人で毎日行い、何とか引っ越し当日に間に合いました。引っ越し当日には役所に行き、転出届を忘れず出し、新しく行くところでその足で転入届を出しました。
免許証や保険等の住所変更などもしなくてはならないし、届く荷物の荷ほどき、新しい仕事にも慣れなくてはならなかったので、同時に片付けなど…本当に大変でした。
でも引っ越しは自分にとって新しい場所で何かを始めるには気持ちも引き締まり、初心に戻れるので嫌いではないです。新しい自分になれる気がしてとてもわくわくします。

現在は千葉市内にあるマンションで家族と暮らしていますが数年前までは都内に住んでおり子供が生まれたことで部屋が手狭になったのでマンションを購入することにしました。アクセス良くどこにでも行きやすい都内の家でしたがどうしても手狭でベランダからの見晴らしもよくなかったので主人からはベランダからの見晴らしが良く日当たりの良い部屋を探したいとの要望がありました。新築、中古と数件見て回りましたが私がいいと思った部屋も主人は納得できなかったようでなかなか物件の内覧にも行けないためマンションの購入を決めてから1年以上は経っていました。けれども主人が納得できる家はどこかにあるだろうと探し続けていた時に値段も手ごろで上階にあるマンションの一室を見つけました。部屋が空いていたのですぐに内覧させてもらうと主人はその部屋が一目で気に入り主人だけなく子供も気に入ってしまい内覧したその日のうちに契約をしました。実は同じマンション内にもう一部屋空いている部屋があり先にそちらを見せてもらうと現在の部屋よりも少し広くキッチンの横に貯蔵庫もついていたので私的にはそちらの部屋でもよかったのですが少し下の階で主人には見晴らしが気に入らなかったようで現在の家を購入しましたが長く暮らしていくことを考えると日当たりや見晴らしは大切なので見つかるまでは大変でしたが主人の要望を受け入れて間違いなかったなと思っています。

奈良市内の引越し料金の相場を知りたいなら

私は過去に3回引越しの経験をしたことがあります。
1回目は実家を出て東京での一人暮らし。
その後、いろいろ事情があり、また実家へ戻る時の引越し。これが2つ目。そして最後は結婚して旦那さん一緒に暮らすための引越しです。
引越しはお金もかかるし、箱詰めも大変で嫌になってしまう方も多いと思いますが、私は嫌いではありません。もちろんお金がかかるのは嫌ですが…。しかし、引越しをすることで気持ちがなんだスッキリして、新たに頑張らなくちゃと思えるんです。
今まで住んでた家がどんどん空っぽになっていくのを見てると、この家で過ごした何年かの思い出が蘇ってくるんです。

c3fbb59605ecdd894e5f708eb180c4b0_s
楽しかった事嬉しかった事辛かった事など、たくさんたくさん家には思い出が詰まってます。
それを思い返すのも引越しの楽しみの1つだと私は感じています。
そして、新しい家に荷物が運ばれて箱から物を出して新たに家を作っていく時には、この家でこれからどんな事が起こるんだろう。どんな幸せな事があってどんな辛い事があるんだろうと感じて、ワクワクドキドキします。
周りの環境も変わるので新しいことに挑戦できたり新しい友達が出来たりと、楽しいことばかりだと私は感じています。
引越しは新しい思い出を作る1つの行事だと思います。

結婚を機に引っ越すことになり、実家から出ることになりました。

嫁入り道具など、張り切っていろいろ母親が準備してくれていたので、
一人分の引っ越しなのに、4トントラックが家にやってきたときは、
驚きました。

子どもも出来るであろうと想定した家具は大きく、とにかく洗濯機や冷蔵庫はファミリー用でかなり大きかったです。

にもかかわらず、来てくださった作業員の方は社員と思しき方1名と不慣れなアルバイト1名でした。

洗濯機は何とか2人で持っていってくれたのですが、危なげなアルバイトさん。
ついに大きな冷蔵庫になったとき、思いっきり傾けるわ、地面に落としそうになるというハプニングがあり、
さすがに両親も危険を察知したので、手伝いますと引越し業者にいい、1度は断られましたが、
あまりにもアルバイトの手際の悪さに私を含め家族3人が冷蔵庫運びに参加することになりました。

無事運べたかと思っても、まだタンスや重たい段ボールもたくさん残っていて、
予定時間を大幅にオーバーしても荷物の積み込みが終わらなかったため、近くの集配所から
別のスタッフの方がお手伝いしてくれることになりました。

結局、引っ越しの荷物を下ろすのも含めて終わったのは夜の19時でした。
昼過ぎに終わる予定だったのに、遅かったし筋肉痛も残る引っ越しになってしまいました。

冷蔵庫3

引越しの際には、冷蔵庫の中身を全て取り出して喚起をする対策が重要です。常に底には何かが入っている状態なのでこれを全て無くすために、食品の購入を控えるようにします。

引越しの数日前までには冷蔵庫の中身を全てなくし、電源をオフにして冷凍庫などを全て洗浄します。殺菌する為に扉を開けて風通しの良い状態にしておくことが重要です。

冷蔵庫は、生活をしている段階では常に電源を入れっぱなしになってしまうので、冷凍室に霜がはっている状態になってしまいます。この状態は冷却能力が低下してしまう可能性があるので、綺麗に洗浄する事が有効な対策となります。

そして、引越しの際には扉が開かない世にするためにガムテープなどで止めておくようにします。その他の家具類なども扉が開かないようにしっかりと小手した状態で移動することが重要になってきます。

特に大きめの家具類などは、階段や廊下などを移動する時に壁に接触しないように気をつける事が重要であり、そのためにはパートナーとテンポを合わして歩く習慣を継続して行うようにします。

自前で全ての引越しを完了するなら、引越し費用をかなり抑えることが可能になるので、引越し業者の見積もりを出し自分でやった場合と比較して検討していく対策が必要です。

引っ越し 都内 近距離についてこちらも参考に

どうしてもやらなくてはいけないことがあるのですが、できないことってありますよね。
引越しの物件を探してすぐにでも出ていかなければならないのに、全然できなくてへこんでいます。
彼女の母親が私の住んでいるところに来た時、実はある虫が出てしまってちょっとした大騒動でした。
別に私は衛生環境はしっかりしているつもりですが、建物の構造上穴が開いているのでしょうがないのです。
しかし、わが子を預ける身としては心配になるらしく、引越しをしなければ別れるようにと条件をつけられてしまいました。
お互いに成人をしているので恋愛は自由ですが、彼女の両親を差し置いてお付き合いをするのもどうかと個人的には思います。
せっかく大事に育ててくれたのも全部彼女の両親ですから、私も理不尽なものでなければ聞きたいとは考えています。
いずれ結婚をしたら私の両親と一緒に住んでくれるようなこともいっていたのですが、まだどうなるかはわかりません。
とにかくこのアパートを引越しして気に入られるような彼氏になることが第一目標ですね。
仕事はしっかりとしているので、あとはこの部屋のみということでした。
部屋を変更するとなるとなかなか大変なのですが、急いで探して引越しをしたいです。

 

マンションの引越し料金の相場は?

引っ越し先でなるべく良い印象でありたいと思うものですが、ご近所への挨拶回りとなるとちょっとめんどうです。正直な話、ご近所づきあいが苦手な私は、ご近所さんと関わらないで済むならなるべく関わらないで生活したいな~と思っています。

だけどそんなこと言っていられませんよね。まして小さな子供がいるとなれば、これから幼稚園が小学校で付き合うことになるご近所さんは特に大切にしなくてはなりません。大人が知らん顔をしていたら子供同士も楽しく付き合えませんよね・・・。やっぱりご近所とのおつきあいは大事だと考え、引っ越したその日のうちに挨拶回りを済ませます。
挨拶1
本当なら引っ越しをする前にご近所さんに一言挨拶をしておくといいようですね。引っ越し作業で騒がしくなりますから、引っ越しトラックが止ったりすることも事前に伝えておくともっと印象が良くなるようです。こういうことはとても小さな気遣いかもしれませんが、もし時間に余裕がある場合こういう気遣いをすると印象がいいのかな・・・と思います。

それができない場合は、引っ越し当日にちょっとした挨拶の品を持って挨拶に行くといいですね。500円以下で買えるタオルやハンカチなどで十分だと思います。

誰もが住んでいる所に不満を持った時に引越しを考えるのではないでしょうか。
私は特別これといって物欲がないので、この格安物件もある意味住みやすいと言えば住みやすいでしょう。
ただ一つ問題があるとすれば格安物件すぎるのでお風呂がついていません。
男性だったら別に何日もお風呂に入らなくてもそこまで問題にはならないかもしれませんが、私は女性なのでできれば毎日入りたいです。
しかも私の場合は極度の冷え性ということもあって体はとにかく冷えやすいのがネックなのです。
体は冷えやすいと本当に困ってしまいます。
今住んでいるところは木造物件だからさらにすきま風がたくさん入ってきてものすごく冷えるんですよね。
一応エアコンはついていますがかなり昔のタイプなのでとても電気代を使ってしまうし、クリーニングをされていないのでカビのような変な匂いもしてしまいます。
エアコンクリーニングをすればいいのかもしれませんが、一度インターネットでクリーニングのことについて調べてみたら一万円ぐらいするのでとても金銭的な余裕がないのでできませんでした。
金銭的な余裕があればクリーニングの一つくらいはできたのかもしれませんか、格安物件に住んでいるだけあって収入が少ないのでそれも難しいのです。
できることならばテレビの男性のところに引越しをして優雅に金銭的に悩むこともなくのびのびとしたゆとりのある生活を怒らればいいなというのが私のささやかなる有名なのでした。